賃貸経営に参画するタイミングは非常に重要であり、時期によってはリスクの度合いも異なってくることがあります。

賃貸物件を内覧では窓の外も確認しましょう。
賃貸物件を内覧では窓の外も確認しましょう。

賃貸経営のリスクとタイミングについて

賃貸経営とは主にマンションやアパートを所有し、入居者を募集し居住してもらうことによって家賃収入を得るという経営方式になります。賃貸経営を始めるにあたり、最も重要なことは始めるタイミングになります。賃貸経営をされている方の多くは、会社員で定年後に始めるイメージを持っており、賃貸経営のセミナーなどでも、経営者の事例は年配の方が多い傾向にあります。しかし賃貸経営においては定年後のタイミングでは最もリスクが高くなることが言えます。その大きな理由は、実収入がないことです。今の年金制度では60歳定年の場合は年金を受給できず、段階的に年金受給年齢が引き上げられていますので、無収入の期間が発生してしまいます。

仮に定年後に賃貸物件を購入して、ローンを組んだ場合は、入居者をすぐに入れて早く家賃を得ることで、ローン返済をする必要がありますが、入居者が集まらなかった場合は、ローンを返す原資がありませんので、たちまちローンが焦げ付いてしまうことになります。その一方で現役の会社員の場合は、仮に入居者が入らなくても最悪は現職の給料から捻出することができるため、リスクとしては低くなります。このように、賃貸経営を始めるタイミングによってはリスクの大きさが劇的に変わるため、賃貸経営を検討するには出来るだけ早い段階での決断が重要となります。

お役立ち情報

Copyright (C)2018賃貸物件を内覧では窓の外も確認しましょう。.All rights reserved.