賃貸物件の運営は利回りが高いもののリスクも潜んでおり、リスク回避の徹底を怠ると損失にも繋がります。

賃貸物件を内覧では窓の外も確認しましょう。
賃貸物件を内覧では窓の外も確認しましょう。

賃貸物件の運営はリスク回避がポイント

アパートやマンションを所有し、住居を求める者に家賃を対価に貸し出す賃貸物件の運営は、投資信託や定期預金などの資産運用方法と比較して、利回りが高く資産家に人気の運用方法となっています。しかし、利回りの高さは物件が満室時の話であり、空室が発生し家賃収入が長期に渡り途絶すると、その途端に利回りは低下し、場合によっては損失を計上することすらあるのです。このため、賃貸物件の運営に当たってはいかにして空室の発生を防止するのかが一つの課題となるのです。

さて、そんな物件運営にとっての最大の課題とでも言うべき空室問題ですが、もんだいの本質は空室が発生することではなく、発生した空室が長期に渡りそのまま入居者が決まらない状況となることにあります。そうした事態の防止には、何よりも魅力のある物件をえらんで運営することが必要です。例えば通勤や通学に便利で日用品の購入も容易な駅近くの物件であれば、初期投資はそれなりに増大するものの空室のリスクは、立地上のメリットが高いことから相当に低くなるのです。

ももちろん物件選びにどれだけ注意を払っても空室のリスクはゼロにはなりません。さらにリスク回避を徹底したいのであれば、利回りが若干下がるものの空室時でも一定の賃料が支払われる家賃保証制度を利用することが効果的です。

お役立ち情報

Copyright (C)2018賃貸物件を内覧では窓の外も確認しましょう。.All rights reserved.