賃貸物件のうち、木造3階建ての物件において、注意しなければならないポイントなどについて説明いたします

賃貸物件を内覧では窓の外も確認しましょう。
賃貸物件を内覧では窓の外も確認しましょう。

木造3階建ての賃貸物件について

賃貸物件はほとんどがマンションやアパートなどのような集合住宅が多く、戸建て住宅は少ないですが、中には戸建て住宅所有者で転勤などの理由があり、家を賃貸に出すケースもあります。戸建て賃貸物件において、注意しなければならないポイントとしては、構造面です。特に木造3階建ての物件に関しては最も注意しておかなければなりません。木造3階建てを建てる際には、詳細な構造計算をすることが必要であり2000年代においては、ある程度の厳格性をもって確認されていましたが、1990年代においては、構造計算の内容が曖昧でも工事を着手することが出来ていたので、構造面で不安を抱えた建物が多く存在します。

もし賃貸物件で3階建ての物件を検討している場合は、その物件が建った際の資料を確認することが必要です。具体的には建築確認申請図書と、検査済証という書類があればベストです。それがなければ、その建物の構造を表した図面などがなければ、そのような物件を借りることは敬遠したほうが賢明です。特に敷地が狭くて1階部分にインナーガレージがある物件は、最も構造面でのリスクが存在することになりますので、注意しなければなりません。このように、賃貸の戸建て住宅には構造面での確認が最も重要であることを説明しました。

Copyright (C)2018賃貸物件を内覧では窓の外も確認しましょう。.All rights reserved.