建てれば利益があがると考えられていた賃貸物件ですが、今後は入居者確保にかかる競争が激化すると考えられています。

賃貸物件を内覧では窓の外も確認しましょう。
賃貸物件を内覧では窓の外も確認しましょう。

賃貸物件の運用は競争の時代に突入

マンションやアパートを所有し、住居を求める者に家賃を対価として貸し出す賃貸物件運営は、その他の一般的な資産運用方法と比較して、利回りが高く投資家にも人気の手法です。これまでこうした物件は建設すれば入居者が確保できるというのが常であり、日本全国各地には実に多くの賃貸物件が存在しています。しかし、昨今社会が人口減少局面に突入する中、次第に住居を求める者の数も減少し、物件が飽和状態となりつつあります。もはや、建設すれば入居者が確保できるという時代ではなく、物件間の競争が激化しつつあるのです。

さて、こうした入居者の確保に関する競争の激化を感じ取り、入居者を効率的に確保するため新たなスタイルで運営を開始する賃貸物件が登場しつつあります。その代表例とでも言うべき存在がマンスリーマンションです。通常の物件の契約期間が二年程度であるのに対し、文字通り一ヶ月単位での契約が可能なマンスリーマンションは、家具や家電を備え付けており、手ぶらで入居してすぐに生活を開始できる特徴があります。

このため、これまでの住居確保を目的とした入居者だけでなく、長期出張中のビジネスマンの滞在先としても人気がでており、新たな需要を発掘することに成功したのです。

お役立ち情報

Copyright (C)2018賃貸物件を内覧では窓の外も確認しましょう。.All rights reserved.