住宅の外側の庭と中庭のデザインを大きく変えている賃貸は、プライベートな空間として中庭を使いやすいです

賃貸物件を内覧では窓の外も確認しましょう。
賃貸物件を内覧では窓の外も確認しましょう。

中庭のデザインが特徴的な賃貸が多い理由

住宅の外側に庭が用意されているだけでなく、中庭まで用意されている様な賃貸は、中庭部分を少し特徴的なデザインにしている事もあります。中庭部分には雑草が少しも生えてこない様にタイルを敷きながらも、一部だけに土を残して庭木を植えるといったこだわりが見られる物件も多いです。そうする事で芝生の美しさを感じたい時には住宅の外側の庭に行って、庭木の美しさを感じたい時には中庭に出かけるという使い分け方が出来ます。庭木の周りに雑草が生えてこないからこそ、庭木に届くはずだった栄養を雑草に吸われてしまうという心配も軽減出来ることでしょう。

中庭にタイルを敷かれてる事が多い理由として、中庭というのはプライベートな空間として活用している方が多い為だと言えます。カフェの様な感覚で中庭を使える様にテーブルを置くといった暮らし方に憧れている人が多いからこそ、キッチンから近い場所に中庭が作られている事も多いのです。近所の方々から中庭でくつろいでいるところを見られずに、自然光を感じていられるというだけでも中庭のある物件には憧れを持てることでしょう。住宅の外側の庭と中庭の使い分けという、住宅デザインのあり方について考えるだけで、その住宅での生活まで想像出来る様になります。

Copyright (C)2018賃貸物件を内覧では窓の外も確認しましょう。.All rights reserved.