賃貸物件を借りて引越しをする際は,複数の業者から相見積もりをとったり,割引券がないか確認しましょう。

賃貸物件を内覧では窓の外も確認しましょう。
賃貸物件を内覧では窓の外も確認しましょう。

賃貸物件を借りて引越すときの注意点

賃貸物件を借りるときに連帯保証人を求められたが,どうしても頼める相手がいないという場合は,保証会社を利用することも検討してみましょう。身内や知り合いに連帯保証人を頼める人がいない人のために,連帯保証人の代わりをしてくれるサービスを提供している業者があります。ただし,保証会社には対価を支払う必要があるので,注意してください。対価は,月額家賃の何割かという水準に設定されていることが多いようです。

賃貸借契約が完了すると,いよいよ引き渡しを受け,引っ越しをすることになります。荷物の量や利用する業者にもよりますが,引っ越しの費用もばかにならない金額になることがあります。まずは,いろいろな業者の情報を見て,料金やサービスを比較することです。そして最終的には,いくつかの業者に見積もりをしてもらい,比較することです。

相見積もりをとると,引っ越し業者は他社よりも安くしようとしてかなり料金を引き下げてくれる場合もあります。あと,割と見過ごされがちですが,その賃貸物件の仲介をした不動産業者に尋ねれば,協力関係にある引っ越し業者の割引券をくれる場合もあります。不動産会社のお客さんはその後に引っ越しをすることが多いわけですから,不動産会社と引っ越し業者とが協力関係を結んでいる場合も多いわけです。

Copyright (C)2018賃貸物件を内覧では窓の外も確認しましょう。.All rights reserved.