賃貸物件を内覧する際は、部屋の広さと形を見て、家具などをどのように置けるかなどをチェックしましょう。

賃貸物件を内覧では窓の外も確認しましょう。
賃貸物件を内覧では窓の外も確認しましょう。

賃貸物件を借りる前の内覧で注意すべきこと

賃貸物件を借りるときには、契約をする前に、いくつかの物件に目星を付けて、実際にその部屋の内覧をしに行くのが通常です。ただし、物件のどこを注意してみるかというのは、事前にチェックリストでも作っておかなければ、なかなか素人が適切にチェックをするのは難しいものです。では、どんなところをチェックすればいいのでしょうか。

まずはやはりその賃貸物件の部屋の広さと形を見て、家具などの荷物をどのように置くことができるかという点です。また、窓にも注意しましょう。窓の数と大きさ、透明か磨りガラスか、窓が向いている方角も確認しておきましょう。窓の数と大きさに応じて、カーテンを準備しておく必要があります。窓は必ず、開け閉めをしてみて、建て付けが悪い場合は、入居するまでに修理して置いてもらうよう依頼するべきです。

そもそも賃貸物件の修理というのは、法律上は貸し主負担で行うことが原則なのですが、入居してしまうといろいろな理屈によって、借り主が費用を負担するよう求められるケースが多くあります。ですので、事前にしっかりと確認しておくことが重要です。余計な出費は抑えるに越したことはありませんので、修理をしてもらってから契約をするようにした方が安心です。

お役立ち情報

Copyright (C)2018賃貸物件を内覧では窓の外も確認しましょう。.All rights reserved.