賃貸物件で同棲する場合は、審査に落とされる可能性が高いです。片方の年収相応の家賃の物件を選ぶことが大切です。

賃貸物件を内覧では窓の外も確認しましょう。
賃貸物件を内覧では窓の外も確認しましょう。

賃貸物件に同棲出来るのか

賃貸物件は基本的には一人しか利用出来ません。しかし、二人入居が可能の物件も存在します。これは一人用の部屋に二人が住んでしまうと、物件の劣化が進んでしまうからです。その為に二人入居可能の物件は単身用よりも若干家賃が高く設定されています。

また、二人入居可能とされていても同棲は出来ないことが多いです。結婚しているのであれば問題なく審査には通りますが、結婚していない男女の場合は敬遠されます。特に、二人で折半して家賃を支払っている場合は尚さらで、もし別れたときに家賃を支払えなくなる可能性があるからです。途中で家賃を支払えなくなった場合は、強制退去を命じられます。管理者としては、強制退去を命じた月度が閑散期であれば、繁忙期まで入居者が見つからずに収入を得られなくなります。その為に、家賃を支払えなくなったら強制退去させればいいという軽い考えで、同棲を許可することが出来ません。どうしても同棲したいのであれば、片方の年収だけでも充分に家賃を支払えるような物件を選ぶことが大切です。入居審査では人柄も見られるので、同棲をする旨を伝えた時に難しい顔をされても、横暴な態度はとらないことが大切です。相談の仕方によっては許可してもらえる場合もあります。

Copyright (C)2018賃貸物件を内覧では窓の外も確認しましょう。.All rights reserved.