賃貸物件の家賃は駅からの距離が関係します。自分が求める施設が充実している物件を選ぶことが大切です。

賃貸物件を内覧では窓の外も確認しましょう。
賃貸物件を内覧では窓の外も確認しましょう。

賃貸物件の家賃と立地条件の比べ方

賃貸物件の家賃は立地条件に大きく左右されます。駅からどれだけ近いかで、その土地の価値が変わるので、駅から近いが施設が少ない場合でも家賃は高くなります。どれだけ駅から近いと家賃が上がるのかを知っておくことが大切です。基本的に駅から徒歩5分圏内の物件は、徒歩15分程度の物件よりも1.5万円から2万円程度高いです。間取りにすれば一部屋増えたのと同じだけ家賃が上がります。

場合によっては間取りよりも駅からの距離を優先する場合もあります。しかし、駅から近いだけで設備が整っていない物件も多いので、総合的に考えて物件を選ぶことが大切です。駅から距離以外に関係することは、どれだけ周辺の施設が整っているかということです。子供がいる家庭であれば、保育園や小学校があることが望まれます。そういった施設が充実していればいるほどに土地の価値が高くなります。細かい部分は家賃には反映されないこともあります。しかし、場合によっては自分が必要としていない施設が充実しているから家賃が高いという場合もあります。自分が必要としている物件がどれだけあるかで立地を決めることが大切です。また、駅から近い場合は夜は騒音に悩まされる可能性があります。

お役立ち情報

Copyright (C)2018賃貸物件を内覧では窓の外も確認しましょう。.All rights reserved.